双子の甥とおねしょ

夏休みで姉と子供たちが実家に帰ってきて、静かだった実家がとてもにぎやかになりました。

姉の子供は男の子の双子で、とにかく元気がよく少しもじっとしていません。

去年小学校に入学した2人は学校でも元気組の中心的な存在なのだそうです。

ふだんは両親と私の3人で暮らしていますが、子供が来ただけで全然ちがってしまいます。

両親にとってはかわいい孫ですが、あまり元気がよすぎて、疲れてしまうほどだと話しています。

双子の男の子は、一卵性なので顔はそっくりです。

ただ性格は違うようです。

じつは1人は一時期、おねしょをしていた時期があったそうです。

小学校に入る前のことだったそうです(この場合、年齢で考えるとおねしょというよりも夜尿症と呼ばれるものに分類されるのだそうです。)

双子で同じ食事、同じ環境で育っていて成長の度合いも同じなのに、なぜ1人だけ?ととても不思議に思ったそうです。

夜尿症(おねしょ)の原因としては、まだ成長過程の子供で膀胱が未熟であることや、夜間のおしっこの量が多い、心理的なストレス、膀胱の異常などがあるとのこと。

食生活や水分の摂取も、2人とも同じようにしているので、もしかしたら性格の違いで心理的なストレスなのではないか?と思ったそうです。

おねしょは1ヶ月くらい続き、その後ぴったりと止まってしまったそうです。

病院に行こうか迷ったのですが、ネットでいろいろな情報を探して、その中からヒントを得て対応したそうです。

おねしょをする少し前に、小学校の体験入学があったようで、その時の緊張感が原因で、心理的なものではないかと思っているそうです。